CBブレースとは

装着方法 - 変形性膝関節用

変形性膝関節症用-CBブレース装着方法

装着方法解説書ダウンロード

装着方法解説書をPDFファイル形式にてダウンロードいただけます。

(430.0k)変形性膝関節症用装着方法解説書ダウンロード

完成図

[写真]完成図

ストッキネット

[写真]ストッキネット

※ストッキネットは、肌のかぶれを抑える事を目的としていますので、ご利用されることをお勧めします。

パーツ名

[写真]パーツ名
  1. 太ももサポータ
  2. 留め金具
  3. 太ももベルト(表)
  4. ジョイント
  5. 丸パッド
  6. 太ももベルト(裏)
  7. CBバー
  8. ふくらはぎサポータ

装着手順

  1. 安定したイスに浅く腰掛け、ストッキネットを装着します。
    ひざを軽く伸ばした(15cm~20cm程度踏み出した)状態でCBブレースの装着に入ります。
  2. 装着位置は、「ジョイント」が太もものくびれ(※ひざのお皿の中心から約8cm程度上)にくるように装着します。
    CBバーが太ももの裏に沿うまで深くはめ込みます。
    (少しの隙間があっても問題はありません)
  3. 留める順番としては、最初に「太ももベルト(表)」を「留め金具」に通して留めます。
  4. 次に、「ふくらはぎサポータ」がひざのお皿に少しかかるように取り付けます。
    • ※サポータのしめ過ぎに注意して下さい。また、ふくらはぎ部分(裏側)はサポータにしわがよらないよう気を付けます。
  5. 3番目に「太ももサポータ」をしめ過ぎないように取り付けます。
    • ※サポータのしめ過ぎに注意して下さい。また、太もも(裏側)はサポータにしわがよらないよう気を付けます。
  6. 4番目に「太ももベルト(裏)」を取り付けます。
    「太ももベルト(裏)」は、1度調整したら装着の都度、はずす必要はありませんので、「留め金具」に固定した状態でご使用下さい。
  7. 「太ももベルト(裏)」がCBバーに重なっている場合は、「太ももベルト(裏)」をCBバーに重ならない程度にずらして下さい。
  8. 最後に全体の取り付け具合をチェックして下さい。
    特に、「太ももベルト(表)」及び「太ももベルト(裏)」がゆるいと装具が下がる原因になります。
    装着完了!

装着方法解説書ダウンロード

装着方法解説書をPDFファイル形式にてダウンロードいただけます。

(430.0k)変形性膝関節症用装着方法解説書ダウンロード

完成図

[写真]完成図

ストッキネット

[写真]ストッキネット

※ストッキネットは、肌のかぶれを抑える事を目的としていますので、ご利用されることをお勧めします。

パーツ名

[写真]パーツ名
  1. 太ももサポータ
  2. 留め金具
  3. 太ももベルト(表)
  4. ジョイント
  5. 丸パッド
  6. 太ももベルト(裏)
  7. CBバー
  8. ふくらはぎサポータ

装着手順

  1. 安定したイスに浅く腰掛け、ストッキネットを装着します。
    ひざを軽く伸ばした(15cm~20cm程度踏み出した)状態でCBブレースの装着に入ります。
  2. 装着位置は、「ジョイント」が太もものくびれ(※ひざのお皿の中心から約8cm程度上)にくるように装着します。
    CBバーが太ももの裏に沿うまで深くはめ込みます。
    (少しの隙間があっても問題はありません)
  3. 留める順番としては、最初に「太ももベルト(表)」を「留め金具」に通して留めます。
  4. 次に、「ふくらはぎサポータ」がひざのお皿に少しかかるように取り付けます。
    • ※サポータのしめ過ぎに注意して下さい。また、ふくらはぎ部分(裏側)はサポータにしわがよらないよう気を付けます。
  5. 3番目に「太ももサポータ」をしめ過ぎないように取り付けます。
    • ※サポータのしめ過ぎに注意して下さい。また、太もも(裏側)はサポータにしわがよらないよう気を付けます。
  6. 4番目に「太ももベルト(裏)」を取り付けます。
    「太ももベルト(裏)」は、1度調整したら装着の都度、はずす必要はありませんので、「留め金具」に固定した状態でご使用下さい。
  7. 「太ももベルト(裏)」がCBバーに重なっている場合は、「太ももベルト(裏)」をCBバーに重ならない程度にずらして下さい。
  8. 最後に全体の取り付け具合をチェックして下さい。
    特に、「太ももベルト(表)」及び「太ももベルト(裏)」がゆるいと装具が下がる原因になります。
    装着完了!