CBブレースとは

装着方法 - 反張膝用

反張膝用-CBブレース装着方法

装着方法解説書ダウンロード

装着方法解説書をPDFファイル形式にてダウンロードいただけます。

(348.0k)反張膝用装着方法解説書ダウンロード

完成図

[写真]完成図

ストッキネット

[写真]ストッキネット

※ストッキネットは、肌のかぶれを抑える事を目的としていますので、ご利用されることをお勧めします。

パーツ名

[写真]パーツ名
  1. 太ももバンド(表)
  2. 太ももバンド(裏)
  3. 懸垂ベルト
  4. ジョイント
  5. CBバー
  6. 調整ベルト
  7. ふくらはぎバンド(表)
  8. ふくらはぎバンド(裏)

装着手順

  1. 安定したイスに浅く腰掛け、ストッキネットを装着します。
    ひざを軽く伸ばした(15cm~20cm程度踏み出した)状態でCBブレースの装着に入ります。
  2. ベルト、バンドを留める順番としては、最初に「懸垂ベルト(表)」をひざのお皿から上方に8cm~10cmくらいの位置で留めます。
  3. 装着位置は、「ジョイント」の中心がひざのお皿の中心にくるように装着します。
    CBバーが太ももの裏に沿うまで深くはめ込みます。 (少しの隙間があっても問題はありません)
  4. はめ込みが難しいときは 椅子の座面にあらかじめ装具を置いてその上に腰掛けるようにされると着けやすくなります。
  5. 次に、「ふくらはぎバンド」を取り付けます。
    • ※バンドのしめ過ぎに注意して下さい。
  6. 続いて「太ももバンド」を適度に留めます。
    最後に全体の取り付け具合をチェックして下さい。 特に「太ももバンド(表)」及び「太ももバンド(裏)」がゆるいと装具が下がる原因になり、しめ過ぎると装具がズレる原因となります。
    装着完了!
装具のチェックポイント

ひざのお皿の真ん中にジョイントの中心が来ている
懸垂ベルトがキチンとしまっている
位置が正しい
  • 懸垂ベルトがお皿の8〜10cm上
  • CBバーがひざ裏にある

装着方法解説書ダウンロード

装着方法解説書をPDFファイル形式にてダウンロードいただけます。

(348.0k)反張膝用装着方法解説書ダウンロード

完成図

[写真]完成図

ストッキネット

[写真]ストッキネット

※ストッキネットは、肌のかぶれを抑える事を目的としていますので、ご利用されることをお勧めします。

パーツ名

[写真]パーツ名
  1. 太ももバンド(表)
  2. 太ももバンド(裏)
  3. 懸垂ベルト
  4. ジョイント
  5. CBバー
  6. 調整ベルト
  7. ふくらはぎバンド(表)
  8. ふくらはぎバンド(裏)

装着手順

  1. 安定したイスに浅く腰掛け、ストッキネットを装着します。
    ひざを軽く伸ばした(15cm~20cm程度踏み出した)状態でCBブレースの装着に入ります。
  2. ベルト、バンドを留める順番としては、最初に「懸垂ベルト(表)」をひざのお皿から上方に8cm~10cmくらいの位置で留めます。
  3. 装着位置は、「ジョイント」の中心がひざのお皿の中心にくるように装着します。
    CBバーが太ももの裏に沿うまで深くはめ込みます。 (少しの隙間があっても問題はありません)
  4. はめ込みが難しいときは 椅子の座面にあらかじめ装具を置いてその上に腰掛けるようにされると着けやすくなります。
  5. 次に、「ふくらはぎバンド」を取り付けます。
    • ※バンドのしめ過ぎに注意して下さい。
  6. 続いて「太ももバンド」を適度に留めます。
    最後に全体の取り付け具合をチェックして下さい。 特に「太ももバンド(表)」及び「太ももバンド(裏)」がゆるいと装具が下がる原因になり、しめ過ぎると装具がズレる原因となります。
    装着完了!
装具のチェックポイント

ひざのお皿の真ん中にジョイントの中心が来ている
懸垂ベルトがキチンとしまっている
位置が正しい
  • 懸垂ベルトがお皿の8〜10cm上
  • CBバーがひざ裏にある